現代人は、仕事、育児、人間関係、家族関係,等々さまざまなストレスを抱えて生活しています。

人は,ストレスを抱えると,いろんな方法で,そのストレスを解消するべく行動をします。

それはいたって自然な行為なのですが,ではなぜそうするのでしょうか?

例えば体を動かしたり,カラオケをしたりすると快感を得られます。
それによってストレスを解消するわけですが、その際体の中である変化が起こっているのです。

それは,脳から分泌されるあるホルモンによるものなのです。

そのホルモンは,【ドーパミン】といいます。

別名。脳内モルヒネ・・。

人間が快楽を得られる際に分泌されるホルモンなのです。

ドーパミンとは非常に便利なものなのですが,困ったことに《耐性》があるのです。
最初は快感が得られたも
のでもすぐに慣れてしまう。
すると同じ量では快感が得られなくなり,もっと多量のドーパミンを分泌しようと試みます。

しかしそれもまた慣れていき、どんどん量を増やそうとします。
それでも快感は得られなくなり・・・。
もっともっととはまっていく。

それこそが依存症なのです。

ドーパミンとは?へ
パチンコ依存症度チェックへ
パチンコ依存症からの脱出メニューへ戻る

砂かけ。COMトップへ戻る

Copyright(C) 2002 sunakake All Rights Reserved.
著作権は放棄しておりません。著作権は砂かけにございます。 こちらの内容についての、転載はご遠慮ください。